シート防水―塩ビシート系  
 
 
 
特徴
耐候性・耐熱性に優れているため、紫外線や熱作用による劣化が少なく、延焼に対しても高い安全性をもっています。また、耐圧縮性および耐摩耗性に優れているため、歩行用防水層にも適しています。

施工例
材料と工法 塩ビシート相互を熱融着あるいは溶剤溶着によって接合(溶接)することで、継ぎ目のない、一体化した防水層が得られます。
また、一般的な工法(塩ビシート全面を下地に接着します)のほか、下地の状況に制限を受けにくい、塩ビ樹脂被覆鋼板や同被覆プレートの併用による機械式固定工法(絶縁工法)を用いることもできます。
適した施工方法 木造・鉄骨造等、屋根の重量を軽くしたい建築物に適しています。また、防水層が耐圧縮性および耐摩耗性に優れているため、軽歩行程度の屋上にも適しています。
 
 
 
強度 伸び率 耐侯性 耐熱性 耐寒性 耐薬品性 耐磨耗性 平滑性 施工性
     
 
 
 
 
   
 
   
   
         
         
           
     
 
 
       
 
 

上記いずれの防水工法でも、施工の際には必ずシーリングをおこなう必要があります。

 
 
外壁改修もおまかせください