アスファルト防水―トーチ工法  
 
 
 
特徴
熱溶解アスファルトを使用しないため煙や臭いが少なく、住宅密集地域などでの施工に適しています。また、1層ないし2層と少ない防水層で済むため、施工の省力・工期短縮が可能です。

施工例
材料と工法 改質アスファルトルーフィングを使用し、その裏面およびルーフィング同士の接合部をプロパンガスのトーチバーナーで加熱溶解することで、下地への接着と接合部の一体化がなされ、防水層が作られます。
適した施工方法 非歩行の屋上や勾配屋根などに適しています。
 
 
 
強度 伸び率 耐侯性 耐熱性 耐寒性 耐薬品性 耐磨耗性 平滑性 施工性
     
 
 
 
 
   
 
   
   
         
         
           
     
 
 
       
 
 

上記いずれの防水工法でも、施工の際には必ずシーリングをおこなう必要があります。

 
 
外壁改修もおまかせください