アスファルト防水―常温工法  
 
 
 
特徴
歴史と実績に裏付けられたアスファルト防水の信頼性に、安全性と環境性能をプラスした工法です。火気を使用せず、煙や臭いが発生しないため住宅密集地域などでの施工に適しています。また、既存のアスファルト防水のうえに重ねて施工できるため、改修工事のコストダウンにも有効です。

施工例
材料と工法 樹脂で改質された自着層つきのアスファルト系シートを積層して貼りつけ(おもに複層=2枚)、表面に保護塗料を塗って仕上げます。
適した施工方法 頻繁に歩行しない屋上などに適しています。
 
 
 
強度 伸び率 耐侯性 耐熱性 耐寒性 耐薬品性 耐磨耗性 平滑性 施工性
     
 
 
 
 
   
 
   
   
         
         
           
     
 
 
       
 
 

上記いずれの防水工法でも、施工の際には必ずシーリングをおこなう必要があります。

 
 
外壁改修もおまかせください